[skip to content]

開発学

イギリス留学

イギリスの開発学は、イギリスの歴史と密接に関連して発展してきました。イギリスは開発学の先進国として有名で、多くの留学生がイギリス大学で開発学を学んでいます。1960 年代後半から、欧米で開発教育が盛んになって以来、ユネスコなどを中心に、開発をめぐる様々な問題を理解し、望ましい開発のあり方へと開発教育は進歩を続けています。イギリス大学の開発学コースからは、途上国の開発援助に携わる人材を生み出します。 イギリス大学で開発を学ぶ際、開発学を全般的に学ぶか、または特定の分野に焦点を当てて学ぶかを選択することが出来ます。イギリスの大学の開発分野で専攻できる科目は、開発論、社会変化、社会開発学、開発経営、政府開発政策、人口調査、アフリカやラテンアメリカなどの地域別の政治、ジェンダーなど、多岐に渡ります。さらに、開発に関するプロジェクトの実践的な方法を学ぶ方法論か学問的な研究を行う理論をコースで選択することもできます。

イギリス大学の優れた点は、留学生が全国各国から勉強しに来ているということです。ですから、実際に途上国から来ている学生と共に授業を受けられる場合があるというメリットもあります 現在日本人留学生の間ではイギリスでの開発学の人気が急速に高まっています。途上国に関心を持ちNGO活動や、青年海外協力隊などへの参加者も増えています。イギリスの大学の開発学のプログラムには、途上国の抱えている問題を色々な側面(政治的、経済的、社会的)から理解、分析し開発問題に取り組むための政策や、理論を研究していくコース、または、実際にプロジェクトなどの立案など、実践的なことを学ぶコースも多数あります。

イギリス大学の開発学コースは、既に実務経験のある方を対象とするコースから、実務経験のない方も対象とするコースもあります。各大学、多様な分野で様々な観点から学ぶための開発学コースを設置しています。 歴史的アプローチ、経済学的アプローチ、社会学的アプローチ、工学的アプローチなど、様々な観点から特定の分野の開発学に特化して研究をしていくことができます。